ホーム › ビジネスプラクティス

持続可能な社会経済をつくる わたしたちのSDGs

SDGsの取組は企業価値を高めるチャンス

SDGsとは「持続可能な開発目標」の略称で、群馬県では「ぐんまSDGsイニシアティブ」を宣言し、社会的課題の解決と持続可能な地域づくりに向けて、官民連携での取組を進めています。
企業にとってのSDGsは、企業価値を高め、会社を成長・発展するための戦略の一つです。例えば、SDGsに取り組む企業を支持する消費者が増えると、その企業価値が高まり価格競争からの脱却や売上アップ、社内の士気向上、人材確保にもつながります。また、SDGsで地域課題の解決に貢献することで、地域内外から支援者や連携先が現れ、新たなビジネスチャンスが見つかるかもしれません。
企業にとってのSDGsは、企業が飛躍するチャンスを秘めています。

企業がSDGsに取り組むことで【社員が評価:社内の士気が向上】【求職者が信頼:優秀な人材を確保】【地域が支援:産学官民の連携強化】【消費者が支持:経営の安定と売上げアップ】【取引先が評価:価格競争からの脱却】

BUSINESS PRACTICE ビジネスプラクティスってなに?

SDGsの考え方に基づき、「社会」「経済」「環境」の側面から持続可能な社会の実現に着目したビジネスのことです。 自社の企業価値向上や競争力強化を目指しつつも、社会課題解決や地域活性化、新たな価値創出などの点が意識されたものとして評価されたものを群馬県では「SDGsぐんまビジネスプラクティス」として選定しています。

BUSINESS PRACTICE ビジネスプラクティスの3つのポイント!

県内外へ広く周知
先進的・優良な事例は、県発行の冊子やホームページ、SNS幅広く発信されます。
ビジネス推進
集めた事例は、企業や大学、行政機関、金融機関、投資家等にも提供するため、販路開拓・取引拡大、新たなビジネス連携を促します。
ブランド力向上
事例を紹介することで、社会的責任を果たす意志のある企業として認知されるため、企業イメージやブランド力向上に効果的です。
Back to Top